子どもが寝た隙を狙って書くブログ

2歳の長女が寝た隙に、好きなことを書きなぐるところ

オススメの本「しゃばけ」シリーズ

くさもちは読書も好き。

働いている頃は、通勤時間が絶好の読書タイムでしたが、

今では本を読む時間を確保するのが難しくなってしまいました。

そんな中でも、少しの時間を積み重ねて読み進めたい本があります。

たまにですが、好きな本を紹介しようと思います。

 

 

しゃばけ(畠中 恵)

私が大学生の頃に出会って以来、ずっと好きなシリーズです。

日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞しています。

 

あらすじ

舞台は江戸。大店の若だんな「一太郎」は両親に溺愛されているが、

それはそれは病弱でちょっとしたことですぐに何日も寝込んでしまう。

そんな彼には「妖(あやかし)」を見る力があって、

周囲にはいつも妖がいて彼のことを守っている。

ある夜、一太郎は人殺しの現場に遭遇してしまい、

その下手人探しに乗り出すことになるのだが・・・

 

くさもちの感想

言い回しがやさしくあたたかで、江戸の雰囲気を感じられて好きです。

妖たちのちょっとずれた価値観と、一太郎とのやりとりが面白い。

それぞれのキャラクターも個性的で、頭の中でごちゃごちゃになることなく、

生き生きと動いてくれます。

シリーズを通して、何か事件が起きてそれを一太郎と妖が解決していきます。

病弱な一太郎の心の成長も描かれていて、

巻数が進むにつれて一太郎がたくましくなっていきます。

死にかけながらも、守られるばかりではない、精一杯生きる一太郎が好き。

 

夏の文庫フェアで100冊に選ばれているはずなので、お手に取りやすいと思います。

漫画化、ドラマ化(2作)、舞台化もしていますよ。

ちなみに、ドラマ版で若だんな役を演じたのは、NEWSの手越祐也くんです。 

 

公式サイトもあります。

www.shinchosha.co.jp

 

柴田ゆうさんのイラストも作品に合っていて好きです。

舞台、見に行ってみたいな〜・・・