子どもが寝た隙を狙って書くブログ

2歳の長女が寝た隙に、好きなことを書きなぐるところ

音が出る絵本で歌って踊る子になった

娘は親に似ず、歌やダンス、教育番組の体操が大好きです。

くさもちが子どもの頃は、幼稚園のリズム体操は参加せず、必ず幼稚園の2階のベランダからじっと見下ろして眺めているタイプでした。

夫は、音楽は好きだけどお世辞にもリズム感や音感がいいとはいえず(笑)一体誰に似たのやら・・・

きっかけは知育絵本

以前から教育番組の歌や体操には興味のありそうだった娘。

でも、劇的に好きになったのはこの絵本をもらってからだと思います。

f:id:kusamochi-oisii:20180308132346j:plain

 

お正月におばあちゃんにもらいました。

よくある音が鳴る絵本で、中には鍵盤と楽譜がついています。

演奏はもちろん、鍵盤の上にあるイラストのボタンを押すと、昔からある童謡やクラシック、リズムが流れます。鍵盤の音や音量、テンポも変更可能です。

昔に比べたら、技術力の向上を感じざるを得ませんね。

f:id:kusamochi-oisii:20180308133140j:plain

知育絵本という名にふさわしく、娘の音楽に対する興味が育ったようです。

どんぐりころころ、きらきら星、大きな栗の木の下でがお気に入り。曲によって振り付けを知っているものは教えてみたら真似して踊ります。

歌の歌詞も覚えてきて、全部ではあるませんが曲に合わせてちゃんと歌います。

 

知育絵本て、本当に知育になるんだな〜なんて思いました(笑)

知育って書いてあるものってなんとなく信用できないというか、そんなに効果があるとは思っていなかったので・・・。

 

リトミック教室にかようか悩み始める

そんなわけで、音楽に興味があるようなので習い事をさせるか考えるようになり、この記事を書いたわけです。

ヤマハとかね。気になります。 

www.neta-suki.net

 

でも決してお安い金額ではないし、毎回決まった時間に参加するって結構プレッシャーだし・・・なんてうだうだして結局今のところは児童館でやっている1〜2歳の子どもたちのための会に参加しています。

これに参加すると「この会で十分だわ」と自己完結するのです。

 

嬉しそうに歌ったり踊ったりしている娘を見ると、とても愛おしくなります。

幼稚園でもこんな感じで発表会とかするんだろうな〜と今から想像して楽しみです。

子どもの才能は無限大。

子どもの頃に学校で先生に何度も言われていたけれど、親になって初めて実感しました。

うまく伸ばしてあげたいです。

そういう意味では今回のこの絵本はとても良かったな。おばあちゃんありがとうございます!