子どもが寝た隙を狙って書くブログ

2歳の長女が寝た隙に、好きなことを書きなぐるところ

お友達が好きすぎる子

娘はお友達が大好きです。

どのくらい好きかというと・・・

 

  • 家にいてくさもちが携帯をちょっとでも触ろうもんなら「(お友達の名前)ー!」を連呼して写真を見たがる
  • 一緒に遊んだ日のお昼寝の時の寝言で「(お友達の名前)ー!」
  • 一緒に遊んでいる最中に、視界からお友達が消えると「(お友達の名前)ー!」
  • 朝起きて最初の言葉「(お友達の名前)ー!」(会いたい)
  • お友達がやってくるのが見えると、一目散に駆け寄って満面の笑み
  • お友達と会ったらぎゅ〜っとハグ

ざっとこんな感じです。

うちの子、どうしてこんなにお友達が好きなんでしょう?

ある時期から急にこんな風になりました。

朝「(お友達の名前)ー!」と言ったらママ友にアポ取り

朝一、起きてすぐに「(お友達の名前)ー!」が出たら、ママ友にその日の予定を聞いて一緒に遊べるか聞いてみます。

運よく暇だと会えますが、みんな家事に育児に忙しいので会えたり会えなかったり。

娘の気持ちは大事にしてあげたいので、なるべく会えるように動く。さながらアイドルのマネージャーのような動きをする母・くさもち。

 

「お友達に会いに行く」で一本釣り

娘は最近、自分の意思が出て来始めていて、出かける時にはく靴やご飯を食べる順番などに「こうしたい」と意思表示をするようになって来ました。

興味もたくさん湧いて来ているので、スムーズに行動するのが難しくなって来ています。

 

そんな娘ですが、お友達に会いに行く時だけはこの魔法の言葉が使えます。

 

「(お友達)に会いに行くから(その時にさせたいこと)しよう」

 

これがものすごい威力を発揮します。

例えば、お友達の家に遊びに行く前にお買い物を済ませたい場合。

「お買い物したら(お友達)ちゃんちに行くよ」

 

これで最初から最後までスムーズに終わります。

ぐずらない、寄り道しない、大人しくついてくる。

どんだけお友達好きなのよ!

 

 

夫の転勤で東京に来てお友達もいない中子育てをすることに不安を抱いていたのが約2年前。運よく良いお友達ができて、娘も大好きなお友達に出会えてとてもラッキーです。

転勤があったら離れてしまうと思うとかなり寂しい・・・。

転勤・・・出会いと別れ・・・いつまた転勤があるかわかんないから毎年冬になるとドキドキしています。

お友達も、春から保育園に受かったら保育園に行くかもしれないのでなかなか会えなくなってしまいます。寂しいよー!

 

出会いと別れを繰り返して大人になって行くのだけれど、大人になっても慣れないものです。

 

お友達、大切にしよう。