子どもが寝た隙を狙って書くブログ

2歳の長女が寝た隙に、好きなことを書きなぐるところ

もうトイトレ?うちの子、トイレが欲しいんですって!

DMやチラシがポストに入ると、娘にあげます。

どうせ捨てるし、ただ捨てるよりは娘が思うように破ったりぐしゃぐしゃにできる紙として使うのです。

 

ある日、冊子のDMが届きました。

トイザラスからの商品案内のようです。

トイザラスのDMはおもちゃがたくさん載っていてみているだけでも面白いらしく、娘のお気に入りのDMです(笑)

不思議とお気に入りだと破りません。まあ飽きたら破るんですがね・・・。

 

熱心にアンパンマンを各ページから探し出して「アンパンマン!」と教えてくれます。

そんな中目についたのが「補助便座」。

トイレに装着して、子どもが使いやすいようにするためのものです。

 

「これはトイレだよ」

わかるかわからないかは置いといて、使い方やいつ使うのかを教えてみました。

そろそろトイトレを視野に入れないといけませんからね・・・!

 

トイレは排泄をするところだとゆっくりなんども説明して、「娘ちゃんもトイレでしてみる?」と聞いてみると、たかたかたか〜っとトイレに駆けていくではありませんか!

 

くさもち「トイレほしい?」

娘「はいー」

 

買いました。

f:id:kusamochi-oisii:20180415110929j:plain

 

トイレトレーニングはいつから?

トイレトレーニングを始めるのはいつくらいからなんでしょう?

年齢でいうと、早ければ1歳半くらい〜3歳ってところみたいです。差が大きい。

年齢よりも、

  • 自分で立って歩けるか
  • おしっこの感覚が2〜3時間あくか
  • 自分の気持ちを伝えられるか

という3つのポイントが、トイトレを始める準備ができているかの目安らしいです。

 

ぶっちゃけおしっこの間隔なんてみてない。

オムツの重みからして、起床してから出かける前までに1、2回してるから大体2、3時間程度空いてるかも。

 

他の二つは大丈夫そう。

 

トイトレの開始には夏がいい?

トイトレを開始する季節のオススメは「夏」とよく見かけます。

おしっこの量が冬に比べて減ることと、薄着になるので着替えが楽チン、また洗濯が乾きやすい、というメリットがあるからだそうで、冬でも当然いいみたい。

まぁ冬は寒くて大人でも嫌だから、暖かい季節の方がいいかもしれませんね。

 

トイトレの手順

  1. 絵本などを使ってトイレは排泄をする場所だと意識づける
  2. オムツをチェックして排泄の間隔を調べる
  3. トイレに誘う
  4. 便座に座らせてみる
  5. トレーニングパンツに切り替える

大雑把にまとめるとこんな流れ。

箇条書きにすると簡単そうだけど、そううまくはいかないのが世の常。

 

トイトレでは怒らない、できたら過剰に褒める。

トイトレをうまく進めたいのに進まないとイライラしてしまうかもしれないけれど、失敗しても叱るのはNG。トイレを嫌いになってしまったり、自信が無くなってしまったらい・・・いいことなさそうです。

で・・できるかしら・・・。

 

そして、些細なことでもできたらめちゃくちゃ褒める。

これはわかります。今までも色々なことをできるようになる過程で、褒めまくった方が早くうまくいきます。

 

感情のコントロール・・・修行だわ。

娘はトイレに行きたがる

アンパンマンの補助便座効果は絶大すぎて、トイレに誘うと必ず行きます。

飽きちゃった時が怖い・・・!

でも、興味があるうちに好きなようにやらせてあげることにしました。

まだ1歳9ヶ月。ゆーっくりできるようになればいいや。

まだ1度も成功していませんが、うまく行った時には思いっきり褒めてあげよう。