子どもが寝た隙を狙って書くブログ

1歳の長女が寝た隙に、好きなことを書きなぐるところ

今週の図書館で借りた絵本【2018年5月4週】

久しぶりにおはなし会に参加できました。久しぶりでも会の流れは覚えていたようです。

うろうろしてしまう子達につられて、うろうろしてしまうのを止めるのに必死でした(苦笑)

みんな、30分集中するのは難しいよね。

 

今までは立ってしまう子をスルーしていましたが、今度からちゃんと座らせる方向にシフトチェンジしたのか、図書館の職員さんが「座ってね〜」と声をかけるようになっていました。

 

さて、今週は張り切って5冊です。

だれかさんのぼうし

色々な形の帽子が出てきて「だーれのぼうし?」と問いかけるスタイルです。

男の子からおばけまで色々な帽子の持ち主が出てきます。

「だれのかな?」と問いかけるのもいいし、登場人物になりきって声色を変えて読んであげるのもいいです。喜んでいました。

ここよ ここよ

リアルな描写の動物たちが出てきます。

お母さんの体の影に隠れている赤ちゃんはどこかな?という流れの内容。

リアルでいいな〜と思って借りてみましたが、娘はあまり食いついてくれませんでした。可愛いのにな〜。

ふーっ

ぴよ ぴよ

終始、擬音語でストーリーが進みます。

それでもお話の流れがわかるので、まだ言葉がわからない小さな子でも楽しめそうです。あの谷川俊太郎さん作です。さすが、わかりやすい。

おつきさま なにみてる

「おつきさまこんばんは」に似てるな〜と思いながら借りました。

内容は全く別物です。

おつきさまが上から色々なものを見ている、という内容です。

静かな雰囲気なので、寝る前に読んであげるのにいいなと思いました。

www.neta-suki.net

 

この絵本の紹介記事、需要あるのかな〜?と思いながら毎週書いていますが、意外とアクセスがあるのでみなさま読んでくださってるようで嬉しく思っております。

あっさりした感想で恐縮です。

 

気になった絵本の試し読みができます↓

1000万人の絵本ためしよみサイト|絵本ナビ