子どもが寝た隙を狙って書くブログ

2歳の長女が寝た隙に、好きなことを書きなぐるところ

ホネーキンさんが怖い

夕方になると、Eテレの「みいつけた!」を見ています。

いないいないばあっ!→おかあさんといっしょ→みいつけた!の黄金リレーです。

www.nhk.or.jp

 

「みいつけた!」は対象年齢が4〜6歳の設定なので小さい頃はほぼ興味がなかったのが、最近は結構見てくれるようになりました。

この時間帯にご飯を作るので、見てくれると非常に助かるのです。

 

ホネーキンさんが怖い

ある日、いつものように「みいつけた!」を見ていた娘が、突然号泣しながらくさもちのところに走ってきました。

 

え?どうしたの?どっか怪我でもした??

びっくりして娘の様子を見るも、どうやら怪我ではない様子。

 

娘の様子を見ていると、テレビの方をちらっと見ては泣くのを繰り返しています。

その時テレビには・・・

みいつけた!くっつくんです3 【3.ホネーキンさん】

ホネーキンさんが出ていました。

 

ホネーキンさんは「いすのまち」に住んでいるキャラクターで、「とっても難しいナゾの理論を考えるいす」だそうです。

声が低くて基本無口。しかも骨だかお化けだかを彷彿とさせる見た目。

そのホネーキンさんが、「怖い話」をしていました。(オチは全然怖い話ではないやつ)

なるほど、怖い話をさせるには適任(笑)

www.nhk-character.com

 

ホネーキンさんショックを体験して以来、みいつけた!が始まるとくさもちの足元に避難してくるスタイルが確立されました。

 

でもやっぱり見ちゃう

ホネーキンさんは怖いけど、やっぱり気になって見てしまう娘。

チョコンが好きなので「チョコン、でないね〜」と言いながらこわごわ見ています(笑)なんだか急にチョコン好きになりました。

脇役なので毎日登場するわけではなく、娘と一緒に注意深く見て出てきたら教えてあげるのが日課になってしまいました。

みいつけた! チョコン ぬいぐるみ Sサイズ

そういえばチョコンとホネーキンさんが一緒に画面に映っていれば、怖くないみたいで普通に見ます。

 

ここ最近はホネーキンさんが出てきたら娘に目隠しをして、終わるまでやり過ごしています。そこまでして見なくてもいいよな〜と思いつつ、くさもちも毎日見ないと落ち着かなくなっているので見てしまいます。

 

娘には、徐々にホネーキンさんを克服してもらおう。

 

「ホネーキンさん」で検索すると、ホネーキンさんを怖がる子ども達のブログ記事がヒットするのでみんな一緒なんだな〜なんて思っています。

 

 

かれこれ1年くらい、娘と一緒にEテレを毎日見続けているのでストーリーがあるものは続きが気になってしまったり、見るのが当たり前の毎日なので今更やめられません。

内容が結構面白いし、番組のセットや衣装やキャラクターのセンスが好みなので楽しめます。

うるさいバラエティーよりも健全で心が休まるし(笑)

 

ムジカ・ピッコリーノもセンスが良いし、バンドで演奏してくれる音楽が素敵でおすすめ!

www4.nhk.or.jp