子どもが寝た隙を狙って書くブログ

1歳の長女が寝た隙に、好きなことを書きなぐるところ

エジソンのお箸をマスターするまでの様子は?

そういえば、4月に娘がお箸を使いたがるという記事を書きましたが、その後割とすぐにお箸を購入していたのを紹介するのをすっかり忘れておりました。

購入して2ヶ月ほど経ったので、どんな風に使っているか紹介したいと思います。 

www.neta-suki.net

購入したのは「エジソンのお箸」

どのお箸にしようか迷ったのち、「エジソンのお箸」を購入することにしました。

お箸同士がジョイントでくっついていてバラバラにならないことと、指を入れるリングはシリコンなので痛くならないかなと思ったこと、さらに対象年齢が低めからサイズの用意があるみたいだったのでこれに決めました。

www.doctorpeople.jp

 

くさもちが購入したのはこちら。

f:id:kusamochi-oisii:20180622135114j:plain

 

2歳から使用できるサイズの右利き用。

ディズニーのキャラクターを覚えてもらおうかと思って(笑)プーさんにしました。

キャラクターものの製品は一切買うことがなかったのに、子どもができると何の迷いもなく買えるんだから、人って変わるもんですね。

まだちょっと大きかった

早速娘にお箸を見せると、喜んですぐ使いたがりました。

リングに指を入れてあげて持たせると、やはり最初は慣れないお箸に大苦戦。

さらに2歳用だと若干サイズがまだ大きいようで、すぐにリングから指が外れてしまいます。持つだけで精一杯でした。

ところが親の様子をよく観察して箸遣いを覚えたようで、カチカチとお箸を開いたり閉じたりの動きを練習していました。

 

ひと月でサイズはぴったりに

4月の時点でサイズが大きかったお箸。

手が大きくなるまで封印しようとしまいこんでいましたが、やはりパパやママがお箸を使っていると自分も使いたいというようになりました。

仕方ないので持たせてあげると、お箸で食べ物をつかもうと頑張ります。

 

まだまだ上手に掴めないけれど、気持ちは前向きな様子。

 

お箸にするとご飯が進まないので、ある程度食べ終わってからお箸を持たせてあげることにしました。

頑なに持たせてあげないのは、せっかくの前向きな気持ちを潰してしまいそうだったのでやめました。

 

そうこうしているうちに、5月ごろにはお箸のサイズはぴったりになったのです。

たったのひと月でぴったりになるとは・・・。

 

いつの間にか豆腐もつかめる

さて、お箸をもたせたいときに持たせてあげる生活を続けていましたが、6月になるともうお箸を上手に使えるようになっていました。

 

いつからと言われると答えづらいのですが・・・掴みやすいものから徐々につかめるようになっていて、ある時ふと様子を見るとお味噌汁のお豆腐を難なく掴めていました。

この頃になるともう最初からお箸を渡してもスムーズに食事が進むようになっていました。

 

スプーンやフォークも一緒に用意しているのでそれに持ち替えながら、時には手を使いながらですが、お箸を道具として使えるようになったのです。

エジソンのお箸、やるなぁ。

 

お箸のリングにも自分で正しい指を入れられるようにもなりました。

だから今ではお箸を置くだけで自分でご飯を食べ始められます。

本当に楽になったこと楽になったこと・・・。

 

エジソンのお箸だから持てるのだろうとは思いますが、お箸を使えるようになる第一歩としてはよかったんじゃないかなと思います。

娘の場合はそんなに教えることもなく、自由に使わせていたら2ヶ月程度でできるようになっていたので親の感覚としては楽でした。

 

もっと上手になったら、リング無しのお箸に挑戦してみたいと思います。