子どもが寝た隙を狙って書くブログ

1歳の長女が寝た隙に、好きなことを書きなぐるところ

【ディズニーランド旅行記】2歳目前の娘が乗れたアトラクション

いよいよ!いよいよこの日がやってきました!

くさもち一家、バケーションパッケージ でディズニーリゾートへゆく。

 

夫の勤続10年でお休みがもらえたので、大奮発してディズニーリゾートへ行く事にしました。

旅行の手配は、公式の「バケーションパッケージ 」から。

東京ディズニーリゾート・オンライン予約・購入サイト

 

ウェルカムセンターで荷物を預ける

舞浜駅に到着したら、改札を出て左手にある「ウェルカムセンター」で荷物を預けます。

ディズニーホテル(デラックスタイプ)に宿泊する人は2階、ディズニーホテル(バリュータイプ)と東京ディズニーリゾート・オフィシャルホテルに宿泊する人は1階で荷物を預かってもらえて、ホテルまで無料で運んでもらえます。

 

今回私たちが宿泊するホテルは「アンバサダーホテル」

ずっと憧れていたオフィシャルホテルです!!もう楽しみで楽しみで(笑)

www.disneyhotels.jp

 

ホテルの様子は次回以降更新します。

 

ディズニーリゾートラインでパークへ

さて、荷物を預けたらパークへ出発!身軽って素晴らしい。

ウェルカムセンターのすぐ隣の駅から、ディズニーリゾートラインに乗ります。

いつもだったら歩いてパークへ向かうのですが、今回は3日間のリゾートラインフリーパスがあるので贅沢しちゃいます!

 

平日のランドは外国人のお客さんでいっぱい

さてさて、荷物検査を通過して無事に入園を果たした私たち。

平日なのでお客さんが少なめでとっても快適です。

お揃いのコーデでキメた学生さんの他はほぼ外国人の方たちでした。ツアーで来てるのかな?みんな楽しそう。

プチ海外旅行気分を味わいました(笑)

 

暑さも心配だったけれど、風が強くてそこまで暑いと感じることもなく。

事前に用意した暑さ対策グッズも、首に巻くひんやりするやつ以外はあまり使いませんでした。

2歳目前の娘が乗れたアトラクション

事前に調べておいた「娘の年齢でも乗れるアトラクション」の中で、5分待ち程度で乗れるものからどんどん乗っていきました。

滞在中に乗ったアトラクションはざっとこんな感じ!

 

結構多いですよね!

あまり乗れないかと思っていたら、ちょっと怖がるアトラクションはあったものの、とても楽しんで乗ることができました。

他にも乗れるアトラクションはあったんですが、待ち時間が長かったのを避けていたら乗れませんでした。

 

少しだけ写真載せときますね。

 

「スイスファミリー・ツリーハウス」は「だっこ〜」攻撃が激しくて親がとても辛い状況でした(笑)階段が厳しかった・・・。

f:id:kusamochi-oisii:20180704222517j:plain

 

「キャッスルカルーセル」はもうとっても気に入って、何回も乗りたがるほど!

長くても20分程度の待ち時間で乗れました。

あぶみに足が届かない子は、備え付けのベルトをつけます。一番外側は2人乗りができるお馬さんです。

 

ぐるぐる回るだけって、地味に酔います(苦笑)昔はこんなのじゃ酔わなかったのに・・・年齢を感じる。

f:id:kusamochi-oisii:20180704222523j:plain

 

「シンデレラのフェアリーテイル・ホール」では、見るだけのところなのであまり興味がないかと思いきや、結構1つ1つをちゃんと見ながら進んでいました。

お誕生日シールを貼っていたので、スタッフの方が「Happy Birthday」のボードを持たせてくれました。

f:id:kusamochi-oisii:20180704223044j:plain

 

「カントリーベア・シアター」では、ちょうどお昼寝の時間帯に差し掛かっていたので、暗くなると娘はしばらくして寝ちゃってました。涼しいしね・・・。

大きな音がしていても寝られるものなのね〜。

周りを見ると、ちらほらお疲れの大人たちが寝ていました(笑)

 

「プーさんのハニーハント」は、ちょっと怖かったみたいです。大きな音や暗いところがダメみたい。大泣きはしなかったけれど、少しだけ不安そうにしていました。

感想を聞くと「ちょっと怖かった」というものの、「楽しかった」とも言うのでいい感じに様々な体験ができたんじゃないでしょうか。

 

ファストパス、あまる

バケーションパッケージには、事前にもらえるファストパスがついてきます。

ところが全体的にすいていたので、ファストパスを使う場面があまりなくて、最終的に余っちゃいました。

「待ち時間があまりないので、ファストパスを使っても5分程度しか待ち時間が変わらないから、もったいないので使わないほうがいい」と勧められたアトラクションも。

ファストパスはコースター系のアトラクションでも使えるけれど、スリルがあるアトラクションに乗れない年齢の子が一緒だとあまり必要ないかもしれません。

 

バケーションパッケージのファストパスは時間指定がないのでとても便利なのに勿体無かったなぁ。

 

 

 

さらっとですが、もう眠たいのでこれくらいで切り上げます。(今日帰ってきたんです)

次回以降、ホテルの様子やショーレストラン、ディズニーシーの様子を書きますね。

しばらくディズニー続きかも・・・。