子どもが寝た隙を狙って書くブログ

1歳の長女が寝た隙に、好きなことを書きなぐるところ

【今月の我が家へようこそ絵本】2018年7月「ノンタンのたんじょうび」

3日連続、ディズニーの記事でそろそろ「もういいや」となってきたと思いますので、今日は毎月1冊購入する絵本の紹介です。

 

7月の絵本はこちら!

ノンタンのたんじょうび

f:id:kusamochi-oisii:20180707132558j:plain

 

くさもちが子どもの頃にも持っていたような気がします。

娘に読んであげていると、「あ、このフレーズ懐かしい」と思う部分があったので。

30年近く前のことなのに、いまだに懐かしいと思うくらい記憶に残っているなんてすごい絵本ですね。

 

今月、娘の誕生日があるのでタイムリーかなと思って選びました。

季節感を大事にしたいので夏らしいテーマの絵本と迷いましたが、誕生日は年に1回!

大事にするべき行事なのでこちらにしました。

 

支援センターで別のノンタンの絵本をよく読んでいたので、ノンタンはすぐに受け入れられました(笑)

新しい本を買う時って「もし興味を全く示さなかったらもったいないな〜」と思っちゃうんですよね。ケチぃ。

 

ちなみに、娘がよく支援センターで読んでいるのはこれです。

絵本のフレーズを暗記して「ノンタン」の部分を自分の名前に変えて言うくらい好きです(笑)

教えたわけでもないのにすごいな〜と我が娘ながら感心しました。

 

誕生日がまだよくわからない

そういえば娘は「誕生日」がまだいまいちよくわからないみたいで。

「○○ちゃん(娘)が生まれた日だよ」と教えてはみたものの、「生まれる」があまり伝わっていなさそう。 

「ケーキを食べて、プレゼントをもらって、みんなでお祝いする楽しい日」と認識してくれればいいかな〜。

 

娘の反応は?

さてさて、気になる娘の反応は・・・。

親の懸念をよそにいい食いつきっぷりを発揮してくれました!

繰り返しの表現があるので覚えやすいし、ノンタンや動物たちの表情が豊かで面白いみたい。

ノンタンが悲しんでいる場面では、どうして悲しいのかを説明してあげたりして読み進めています。人の気持ちを思いやれるようになったらいいなと思いつつ。

 

電車移動の時に持って行ったら、かなりの時間ノンタンで持ちました。ノンタン様様だ〜(笑)

 

余談ですが・・・ノンタンの作者とノンタンの絵柄とか雰囲気がとても似ているような気がして、絵って描いた人の顔が浮かぶな〜と改めて思ったのでした。

 

絵本の試し読みができます↓

1000万人の絵本ためしよみサイト|絵本ナビ