子どもが寝た隙を狙って書くブログ

1歳の長女が寝た隙に、好きなことを書きなぐるところ

娘のこだわり、発動

いよいよやってきました・・・いやいや期。

いやいや期のことを「めばえ期」という表現をするパターンもあるらしいとママ友から聞きましたが、まさに精神的に色々めばえ始める時期だなと感じることが多くなりました。

「自分でやりたい」、「今どうしてもこうしたい」ということが増えました。

そんな娘の、発動し始めた「親からしたら謎のこだわり」を紹介します。

段差に自分で登りたい/降りたい

段差って、色々なところにありますよね。

外に遊びに行けば道の端にあるちょっとした高さの縁石に登って歩きたいし、お風呂と脱衣所の間にある段差は自分で降りたい。

ちょっとでも手助けしようものなら始めからやり直し。思い通りに行かないとすぐ泣きます。

抱っこで歩いていても、抱っこで登った階段を自分で登りたかったと言い出したら、もう一回戻って1から登り直しです。

あー、げっそり・・・。

 

段差を登るのは結構楽しいっていう気持ちはわかるけど、この暑いのに付き合うのはしんどい、めんどくさい。

 

自分で持ってきたい

トイレの前にオムツを持ってくる、お昼寝の前に抱っこ紐を持ってくるなど、娘が持ってこれるものならなんでも自分で持ってきたいのです。

オムツを事前に取り出していようものならさあ大変。

とりあえず泣いて悔しがります。

仕方ないのでもう一度元の場所に戻して持ってきてもらいます。

 

くさもちは日中ずっと娘と一緒にいるので、自分でやりたいポイントはだんだん把握してきたので回避できますが、夫はまだポイントが把握しきれていないので結構泣かれています(苦笑)

 

自分でやると言うわりに行動を起こさない

自分で持ってくると言うわりに目の前のおもちゃから離れられない、片付けると言うわりに動き始めない・・・本当にイライラします。(ここでイライラしないようにするのが今後の課題)

目の前に興味深いものがあるとそっちに意識を持って行かれてダメなんですよね・・・。

人に片付けられたくないけど、今は片付けたくないから動かないって感じのことがよくあります。

出かけるから早く片付けてほしいのに全然動かないのでイライラ度MAXです。

 

「おもちゃさんお家に帰りたいって泣いてるよ」と言うとやるときもありますが、今日なんか泣き顔を作って「泣いてる〜」なんて言ってゲラゲラ笑う始末。(うちの子って怒ってもビクともしない)

最終的に1つ1つ落ちているおもちゃを手渡して自分でやるように促しますが、自分1人でやってほしい・・・。まだ難しいのかな。

 

回して開け閉めする系の蓋を自分で締めたい

ペットボトルのふたや水筒のふたを自分で開け閉めしたくて仕方ない娘。

大抵溢れるのでやめてほしい・・・。

空のペットボトルを渡せばず〜っと遊んでいます。

 

トイレの一連の動作は自分でしたい

トイレのドアを開けて、補助便座をつけて、用を足して、トイレットペーパーで拭いて、補助便座を下ろして、蓋を閉めて、流す。

この一連の動作は自分で必ずしたがります。

助かるは助かるんですが、ほっとくと遊びに方向転換してしまうので注意が必要。

トイレットペーパーをちぎったり蓋を開け閉めしたり・・・遊ばないでさっと出てきてほしいな・・・。

 

 

いやいや期は気長に付き合えと言われるものの、イライラするしもうほんと勘弁してほしい・・・と思うことも多々あります。

うちの子は比較的大人しめなのでまだマシかもしれませんが、付き合うのって精神的に疲れる。

あ〜、今日もこだわりにお付き合いの1日だ。

気長に気長に・・・。