子どもが寝た隙を狙って書くブログ

2歳の長女が寝た隙に、好きなことを書きなぐるところ

断乳?卒乳?娘を説得しておっぱいとさようなら

2歳児健診で、このままだと歯並びが悪くなってしまう可能性を指摘された娘。

それならばと、思い切っておっぱい生活とさよならする決意をしました。

 

今現在の授乳頻度

今現在の娘の授乳頻度は、

  • 寝る前
  • 夜中起きてしまった時
  • 朝方

大体2〜3回です。

そんなに長い時間ではなく、こまめに吸っては離し、吸っては離しを繰り返します。

それを、眠りにつけるまで続けるのです。

日中は全く飲まないし、お昼寝の時は抱っこ紐で抱っこしたら5分で眠りにつけます。

言葉で説明(しつこめに)

まず、いきなりおっぱいが吸えなくなるとびっくりすると思うので「説得」から入りました。

 

「このままおっぱいを飲んでいたら歯並びが悪くなっちゃうんだって」

「今日の夜はおっぱいなしで寝てみようか」

「おっぱいさん、バイバイ、今までありがとうだよ」

午前中に健診を終えたその帰り道から娘にこうやって話しかけてみました。

そしたら「うん」となかなか色よい返事をします。

意味がわかっているかはわかりませんが、説得の時点ではおっぱいとバイバイすることを受け入れていました。

 

あまりずーっと同じことを言わずに、時々忘れた頃に何度か同じことを話しました。

いよいよ就寝時間

さて、ベッドに行く時間になりました。

娘は日中にお話ししたことを覚えているかな?

 

今日からおっぱいを飲まないので、お茶をいっぱい入れた水筒と大好きなステラ・ルーのぬいぐるみを忘れずに持っていきます。

おっぱいをやめると、精神安定剤が1つ減ると思うのでできるだけ満足できるように気を配ります。

 

ベッドに寝転がるといつもだったら「おっぱい〜!!(泣)」と騒ぐ娘。

果たして今日は・・・?

 

ベッドに寝転がった娘の第一声、

「おっぱい、のまないよ」

 

ブラボー!!!ちゃんとわかってた!!!!

1日中、ちゃんとわかるか心配していたけど、ちゃんとわかってた!感動!

 

「そうだね、ママがギュ〜っとしてあげるから一緒に寝ようね」

と声をかけると、横を向いてぎゅっとしがみついてくる娘。なんて可愛い・・・。

お茶がいるか声をかけたら飲みたがったのでお茶をあげて、歌を歌いたがったら一緒に歌って、ギュッとしてほしいと言ったら気がすむようにしてあげること小一時間・・・。

おっぱいをあげながら寝るのと変わらない時間で、ちゃんと眠ることができました。

夜中に起きてしまった時

夜中に起きてしまった時、いつもならさっとおっぱいを出してくわえさせていました。でも今日からはそれができません。

それに、寝ぼけておっぱいをやめたことを忘れているかもしれません。

どうしても眠れなかったら抱っこしなきゃいけないと覚悟していましたが・・・。

 

夜中に目が覚めてしまった時も「おっぱい・・・・のまないよ」と、「おっぱい」と言ってしまった後にちゃんと「のまないよ」と付け加える娘。

そして「ママ、ギュってして」と半べそをかきながら寄ってきます。

なんて可愛いの・・・。かわいそうだけど健気で可愛すぎ!

 

娘の気にいる角度を探りつつ、両手でギュッとしてあげて「大丈夫だよ」「大好きだよ」と伝えながら寝転がっていたらいつの間にか寝てしまいました。

 

その後も何度か起きてもちゃんとギュッとすれば寝られていました。

起床時間が早くもりもり食べる

そんな一夜を過ごし、早朝6時30分頃・・・。

娘は機嫌よく目が覚めました。

いつもより1時間ほど早いけど、機嫌よく目が覚めて早起きできるなんて素晴らしい!

朝ごはんもいつもよりもりもり食べました。というか、いつもはおっぱいでお腹が膨れていたんだね。

 

こんな感じで1日目はクリアです。

これが継続できればおっぱいを卒業したと言えるかな?

この場合は断乳というべきか卒乳というべきか・・・?

 

WHO推奨の授乳期間「2歳頃まで」をきっちり終えてママとしては満足です。

大して大きな病気もせず、熱も1度しか出たことがなく、鼻水なんて水っ鼻なら1日で治ってしまう強さは母乳のおかげもあったのかな?そうだったら救われるんだけど・・・。

 

おっぱい、今までありがとう!

これからは伸ばされまくった乳首を労ってやりたいと思います。