子どもが寝た隙を狙って書くブログ

2歳の長女が寝た隙に、好きなことを書きなぐるところ

【若干ネタバレ?】「おかあさんといっしょ」で映画館デビュー

毎日お世話になっているEテレの「おかあさんといっしょ」。 

今年の9月7日に、初めて映画になることを知ったのが今年の2月のことでした。

www.neta-suki.net

2月の時点では、きっと2歳になっているから映画館に行っても大丈夫かな〜行きたいな〜と思っていました。

映画の公開日を迎えて、思った通り楽しめそうだと思ったので行ってきました!

 

これ以降、ストーリーに触れないように気をつけながら映画の感想を書こうと思いますが、やはり人によっては「ネタバレじゃん」と思うかもしれません。

なので、これから鑑賞予定の方でネタバレが嫌な方は読まないほうがいいと思います。

ここから下は自己責任でお願いしますね。

 

 

 

 

 

 

 

初めての映画館。おかあさんといっしょは1歳から有料

娘にとって初めての映画館です。

3連休ということもあり、思い立って行くことにしたので娘には事前に「映画に行くよ」とは伝えていませんでしたが、当日「これからおかあさんといっしょを見に行く」とわかると大喜び!

 

本当は午前中の回に行く予定が、家族全員寝過ごして午後からの回を見ることとなりました。

ということでお昼ご飯を食べてから映画館へレッツゴー!

 

子ども向けの作品なので、通常は3歳から有料のところ1歳からとなっていました。

大人1800円、子ども900円です。

大人・・・やっぱり高いと感じてしまいます。

前売りでお得な親子チケットが販売されていたようですが、行くかわからなかったので買えませんでした。

 

先着ではじめてのあそびノートがもらえる

さて、開場時間となり入場すると、入り口で「はじめてのあそびノート」がもらえました。公開日から配布されて、数量限定だそうです。

 

f:id:kusamochi-oisii:20180915214940j:plain

中身はほぼぬりえです。

裏表紙をスマホアプリのCOCOAR2で撮影すると、ARフォトフレームがもらえるようです。

 

照明はついたまま、音も小さめ

おかあさんといっしょは、初めて映画館に来る小さな子でも楽しめるように配慮されていました。

まずは照明。

通常真っ暗になる映画館ですが、おかあさんといっしょは照明がついたまま上映されます。暗闇だと怖がる子もいますもんね。

 

そして、音響は小さめです。

音が大きくて大人でも時々びっくりしますもんね。

 

前半にお兄さん姉さん、後半にガラピコぷ〜

映画は、前半にお兄さんお姉さんが外に出かけて色々な乗り物に乗ったりします。映画で初めて聞く曲からおなじみの曲まで、歌ってくれます。

普通の映画と違って、大きな声を出してもいいので娘も一緒に歌ったりお兄さんお姉さんの名前を呼んだりと楽しめた様子。

声を出していい環境というのはこんなにストレスがないのかと心底感じました。

 

そして後半はアニメ版のガラピコぷ〜です。

なんと、前半と後半の間に6分間の休憩タイムが設けられていました。

これは斬新・・・!映画館で休憩があるとは思いませんでした。

完全アニメなガラピコぷ〜は初めてです。正直いつもと違うガラピコぷ〜に娘の食いつきはイマイチでしたが、声の出演がだいすけお兄さんだったりとなかなかよかったです。

 

そして最後に、記念撮影タイムがありました!

エンドロールの最中に3回シャッターチャンスがあります。

でも、一体どうやって記念撮影すればいいのかわからずじまいで終わってしまいました・・・。

座った席も前の方だったので画面が全部収まらないし、自撮りって感じで撮ればよかったのかな・・・?

とりあえず画面を撮影してみたけれども。

 

全体に短く感じたけれど、子どもにとっては十分な長さかなと思います。

映画館に行くのは久しぶりで、私としても雰囲気を楽しめたので満足です。

特に、泣いてもぐずっても大きな声を出してもいいという環境が非常によかった!

またこんな映画に巡り会えるといいな〜。

eiga-okaasan.jp