子どもが寝た隙を狙って書くブログ

2歳の長女が寝た隙に、好きなことを書きなぐるところ

大学祭で「フリーミロ屋さん」をやっていた友人のことを思い出した

昨日、ロハスフェスタに行った記事を書きましたが、ああいうイベントに行くと大学祭を思い出します。

 

3日間行われる大学祭

私が通っていた大学は、秋になると大学祭を3日間かけて開催します。

学生がお店を出店するんですが、お店の建物を一から建てるところから始める気合の入りようでした。簡易のテントでお店を出そうものなら浮きまくりです。

あまり凝りすぎるとお店が完成せず、開催中にやっとこさ出来上がるという感じでした。

 

フリーミロ屋

そんな大学祭に、友人が出店することになりました。彼はとても明るくプラス思考で人当たりがよく、友人が多いタイプでしたが、計画的に建物を建てられるような性格ではなかったので「大丈夫かな?」と心配になる感じの人物でした。

 

大学祭当日、友人のお店がどうなったか気になって覗きに行くことにしました。

彼のブースには、キャンプ用のテントが設営されていました。

なるほど、木材を切り出したりする必要がないし手間もかからない。とても彼らしいアイディアです。

そのテントの前にボードが置いてあったので読んでみると、

 

フリーミロ 3日間飲み放題 ○○円

 

「フリーミロ」とは・・・?

ブースにいた友人に聞いてみると、

「ミロを大学祭の開催期間中ずっと好きな時に飲める」

と言うのです。

 

ミロとはあの緑のパッケージのココアのような飲み物のことです。

これですね↓

ネスレ日本 ミロオリジナル 240g

 

なぜココアではなくあえてミロなのか・・・単純に彼がミロが好きと言う理由だったと記憶していますが・・・。

 

メニューはミロのみ。

しかも3日間飲み放題って、3日間大学祭に足を運ぶ層は限られています。

大学祭に出店している学生か、教員か、いるかわからない大学祭がものすごく好きな人か・・・。

 

私も出店していたのでちょこちょこ彼の店をのぞいて声をかけてみましたが、売れ行きはあまり良くなかったようです。

店員の彼はテントで寝てました。

 

売上どうこうよりも、出店して大学祭の雰囲気を楽しむことに重きを置いていたんだと思います。

ちなみに私はあまりミロが好きではないので買いませんでした(笑)

 

 

話していると笑顔になれる、そんな面白い友人でした。

卒業後は会社に就職したものの、居眠りをして怒られたり、退職していつの間にか木こりになっていたり、その後偶然出かけたアウトドアショップで店員をしていたりとなかなか面白い人生を歩んでいるようです。

 

今は何をやってるんだろうな〜。