子どもが寝た隙を狙って書くブログ

2歳の長女が寝た隙に、好きなことを書きなぐるところ

ママ、いっしょにねないで

娘はまだ昼寝をします。

昼寝がなくなりそうかもと思っていましたが、そんなことはなく順調に寝る日々です。3歳くらいにならないとまだまだ寝るのかな?

娘、突如添い寝を拒否

娘を寝かしつけるときは、必ず添い寝をします。

寝る前に本を数冊読んでからじゃないと満足しないので読み聞かせをしてからの入眠です。

ある日のこと。

いつものように図書館で借りてきた本を何冊か読んだあと寝かしつけに入ろうとした時のことです。

 

「ママ、あっちいって」

 

娘が突如、添い寝を拒否しました。

「あっちいって」と言われると地味にショックです(苦笑)

 

くさもち「一緒にねないの?」

「ねない」

くさもち「本当にあっちいっていいの?」

「はい」

 

娘もこういっていることだし、仕方ないので離れて様子を伺うことにしました。

 

娘はゴロンと横になって、両手をあげる赤ちゃん寝スタイルをキープしています。

時々何かしら喋ったりするので、「おしゃべりしないよ」と注意を入れつつ見守ること数分・・・。

 

寝た・・・!

 

寝たんですよ!1人でお昼寝、大成功・・・!

びっくりしました。

 

奇跡は1日だけ

もしやこれから1人で寝られるのか?と淡い期待を抱いていましたが、翌日はすっかりいるもの添い寝で寝たがる娘でした。

昨日は1人で寝たい気分だったのかな?

 

そういえば、出かけた時にお昼寝の時間に差し掛かるとベビーカーで自発的に寝に入るようになりました。

「抱っこで寝るのとベビーカーで寝るのとどっちがいい?」

と聞いてみると、「ベビーカー!」と言うのです。

本当にゆらゆらしなくても寝られるの〜?と半信半疑で様子を見守っていると、あの赤ちゃん寝スタイルで1人で入眠しているのです。

 

去年の今頃は、自分も眠い中娘を抱っこしてゆらゆらさせながら寝かしつけるのがしんどかったし、いつまでも抱っこで寝かしつけることになるのかと不安を抱いていました。けれど、心配無用でしたね。すっかりお姉ちゃんになりました。

 

できることなら、あの頃の私に「大丈夫」と言ってあげたいです。