子どもが寝た隙を狙って書くブログ

2歳の長女が寝た隙に、好きなことを書きなぐるところ

iOS12の「計測」アプリが地味に使える

先日、私のiPhoneのOSを12にアップデートしました。

若干色味が明るめになったな〜とぼんやりアップデート済みの画面を眺めていたら、こんなアプリが増えていました。

f:id:kusamochi-oisii:20181013141824j:plain

計測。

なんだろう?と思いつつ起動させると、意外にも使えそうなアプリだったのです。

ARでモノのサイズを測れる

このアプリは、AR機能を利用して画面に映っているもののサイズを測ることができるのです。

AR機能ってなんぞ?と言われたらそうですね・・・ポケモンGOを思い出してもらえるとわかりやすいと思います。現実を映した画面にポケモンが現れる、拡張現実ってやつです。

 

で、この「計測」アプリではこの機能を利用して現実にあるもののサイズを測れるのです。

測り方は簡単。

アプリを起動して、測りたいものを画面に映します。

測りたい箇所にカーソルを合わせて「+」ボタンを押したら、測る箇所の終点でもう一度「+」ボタンを押す。

すると、こんな風にサイズが画面に表示されるんですよ。

f:id:kusamochi-oisii:20181013142326j:plain

 

実際に測って確認してみましたが、自分で設定する始点と終点の設定の誤差があるので多少ずれますが、±1cmくらいでした。

思った以上に正確!!

引っ越しの時や家具を買うときなどに便利そう

このアプリがあれば、引っ越しの時に内見に行った物件でカーテンの長さや家具がおさまるかどうかをある程度測ることができますよね。

今入居している部屋を内見した時に、メジャーを持って行かなかったので後日不動産屋さんに窓のサイズを教えてもらったのが全然違って、カーテンが全部寸足らずになってしまった苦い思い出があるんですよ・・・。

これでメジャーを忘れても安心!

 

家具を買うときもサイズをさっと測れるしこれは使える!

家具屋さんや家電屋さんでスマホをかざすお客さんが増えそうですね。

 

今までも長さを測るアプリを入れていましたが、計測アプリのようにARを使ったものではなく単なる定規だったので便利さが格段に上です。

アプリでできることがどんどん増えてますね。

 

生きているうちに仮想現実にダイブして空を飛んでみたい・・・。