子どもが寝た隙を狙って書くブログ

2歳の長女が寝た隙に、好きなことを書きなぐるところ

「ふるさとチョイス」でふるさと納税デビュー

皆さんはふるさと納税してますか?

我が家は「ふるさと納税してみようか〜」と言い続けて実行しないのを数年経ました(苦笑)電力会社を切り替える時と同じパターンです。面倒臭がりはダメですね・・・。

www.neta-suki.net

 

ついに我が家もふるさと納税デビュー

先日、重い腰を上げてふるさと納税にチャレンジしました。

ふるさと納税をすると、結果的にお得になると言う単純な理由からです。

「自分の応援したい自治体に寄付できる」など素晴らしい理由で始める人には申し訳ない不純な動機です。

 

さて、ふるさと納税をするにあたりどのサイトを利用しようか迷いましたが・・・Googleさんに「ふるさと納税」と入力して検索して1位に表示された所にしました。

選び方が雑ですが・・・1位に表示されるにはそれなりに理由があるはずなのでこれで良いのです。

我が家のふるさと納税は「ふるさとチョイス」に決まり。

www.furusato-tax.jp

お礼の品掲載数No.1なのと、申し込みの手順の説明もわかりやすかったのでOKなのです。

www.furusato-tax.jp

 

さて、そもそもふるさと納税とはどう言う仕組みなのかと言うと・・・

控除上限額内で寄附を行うと、合計寄附額から2,000円を引いた額について、所得税と住民税から控除(還付)を受けることができます。

 だそうです。

ただ単に住民税を払うか、それとも2000円負担して、支払う先を変えて返礼品を受け取るか、といった感じでしょうか。

返礼品の選び方を上手に行えば、2000円以上の価値のある返礼品を受け取ることができるのでとても魅力的なのです。

我が家は米と油と肉をチョイス

数ある返礼品の中からこれぞと言うものを選ぶのは大変ですが、夫と相談して(私の意見が8割方ですが)米と油と肉をいただくことにしました。

お米は10000円の寄付で20Kgもいただける所をチョイス。

我が家の米の消費量は1ヶ月に5kg前後。単純計算で4ヶ月分のお米の量です。

 

油は単価の高い「米油」をいただくことに。

米油を買おうか毎度迷って、結局198円の安いサラダ油を買ってしまうんですよね〜。

 

そしてお肉。肉は2Kgの牛肉の切り落としを選びました。

牛肉はお高いので我が家ではあまり食卓に上りません。夫は昼間牛丼を食べているし。 

www.neta-suki.net

 

ふるさとチョイスは、源泉徴収票をもとに数字を入力して控除限度額を算出できて、その額を登録しておくことができます。

ふるさと納税を申し込むたびに、あといくら寄付できるか表示してくれるのでわかりやすいです。

 

ワンストップ特例制度を利用

会社員の夫は、ワンストップ特例制度を利用して確定申告しなくても控除を受けられるようにします。

ワンストップ特例制度とは、ふるさと納税をした後に確定申告をしなくても寄附金控除が受けられる便利な仕組みです。「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」に必要事項を記入して、寄附した自治体に送るだけなので、とってもかんたん!寄附金上限額内で寄附したうち2,000円を差し引いた金額が住民税から全額控除してもらえます。
難しくも、面倒でもありませんから、おすすめです。

 寄附の申込をする時に、必ず「ワンストップ特例制度」の欄で申し込む方の選択肢を選びます。

デフォルトでは申し込まない方にチェックが入っていたので注意です。

ここで申し込みそびれると、税額控除のメリットは受けられません。還付申告すれば戻ってくるみたいですが、本気で面倒臭いのでここは慎重に・・・。

 

寄付の申し込みの時に、寄付金の使い道も選択できます。

こうして自分の寄付が何の役に立てられるのかが明確だと、寄付するのもちょっと楽しく思えます。

寄付する習慣があまりなかったので、何だか新鮮でした。

 

返礼品が届くのがとっても楽しみです。