子どもが寝た隙を狙って書くブログ

2歳の長女が寝た隙に、好きなことを書きなぐるところ

娘がテレビに映るものを怖がるので「プチ脱・テレビ」生活

娘は怖がりです。親の目から見て「今のどこが怖かったんだ?」と思うようなもので怖がります。虫はわかるとして、下に落ちてるゴミも怖がります。ただのゴミだよ・・・。

 

そして、最近また怖いものが増えました。

「テレビに映る男性」です。

 

きっかけは「座敷わらし」

テレビに映る男性を怖がるようになったきっかけは「世界なんだコレ!?ミステリー」という番組です。

www.fujitv.co.jp

 

ご飯が終わってなんとなくつけていた番組でした。

私は不思議なものがかなり好きなタチなので「お〜なかなか面白そうじゃん」と思って見ていました。

その中で「座敷わらし」がいるという場所で、座敷わらしの存在を検証するコーナーがありました。正直大好物です(笑)

 

男性リポーターが座敷わらしに対して「何人いる?」「かくれんぼしようか?」などと話しかけては一緒に遊び出すんですが、不思議なことにラップ音が鳴ったり風もないのに植物や風船がゆらゆらしたりするんですよ。

本当かどうかは置いといて、問題はここからです。

ちらっと影がうつったんですよ。何もないのに。

その場面を解説するシーンを見ていた娘が突然「ぎゃ〜!!」っと泣き出して怖がったんです。

 

画面的には影の部分をアップにしただけで、ワイプで宮迫さんが映ってるくらいのものでした。どこらへんが怖かったのかさっぱりわからず・・・。

「何が怖かった?」と聞いても要領を得ず、まさか見えないものが見えたんじゃなかろうかと思って「何が映ってた?子ども?大人?」と聞いてみました。

座敷わらしっぽいものが見えたんじゃないかという親の期待感がものすごくこもった質問をしてしまいました。

 

「子ども」って答えたんですけどね・・・。

 

で、そこからなぜだかテレビに男性が映ると怖がるようになってしまったんです。

怖かった時に目についたワイプの宮迫さんだったのか、リポートしてる男性だったのかは定かではありませんが、きっかけはその座敷わらしコーナーです。

 

ちなみに、出川さんと南原さんだけはいつもニコニコしているので怖がりません(笑)

 

テレビなんて見なくても害はないので、我が家では極力テレビはつけないことにしました。テレビを見ないことで別の遊びに集中できるし、テレビを消してみてわかったんですがとっても「静か」でリラックスできます。

 

テレビ、買い換えたばかりなのでちょっと惜しいけど(苦笑)