子どもが寝た隙を狙って書くブログ

2歳の長女が寝た隙に、好きなことを書きなぐるところ

すっかりおじいちゃんっ子の娘、ソファーの残り香に想いを馳せる

新元号、「令和」ですってね!

新しいネーミングの発表ではがっかりすることも多々ありますが、この元号はとってもいい感じに聞こえます。アルファベットだとR?L?多分Rですね。間違えるところ出そう。

 

さて、残すところ1ヶ月ほどの平成のある日。

娘のおじいちゃんが東京に出張があり、我が家に泊まって行きました。

このじいちゃんは娘にメロメロで、東京に出張があると顔がにやけるそうです(ばあちゃん談)

普段は無口なじいちゃんも、孫には甘いしおしゃべりになるんですよ。

じいちゃんの大親友のスマホも孫に触られる分には全く苦ではないみたい(じいちゃんはスマホ依存症じゃないかとくさもちは疑っています)

 

最初はおじいちゃんに懐かなかった娘は、今ではこの通り。

f:id:kusamochi-oisii:20190401140342j:plain

なんとなんと、2人だけでお風呂にも入れる仲なのです!2人だけでお外にも遊びに行けるんです!

 

これにはくさもち夫婦は大歓喜!だって、私たち夫婦が同時にフリーになれる時間が取れるんですもの!!

実家が遠いので娘を預ける人がいないし、夜は娘を寝かしつけてたら一緒に寝ちゃうし、もし一緒に寝てしまわなかったとしても娘が泣いたら対応できるように常に気を張っているので、気を抜いて2人だけでゆっくりできる時間ってなかなかないんですよね。

 

誰かに任せて、気を緩めて休憩できる時間って最高ですね・・・。

 

さて、そんなおじいちゃんも本来の目的である仕事に行かなければなりません。

おじいちゃんが帰ってから、だら〜っとソファーに転がった娘。おもむろにソファーに鼻をくっつけてクンクンと匂いを嗅ぐと、

「おじいちゃんの匂いがする」

と言いました。

 

おじいちゃん、このソファーで昼寝してたもんね(加齢臭かもしれない・・・)

娘の嬉しそうな顔。

 

おじいちゃん、また来てね!